偵察

敵軍や領主の所持している土地を『偵察』することで情報収集ができます。
偵察することで土地にいる武将のステータスや、その武将がどのような武技と装備か、兵士はどの程度配備されているのか……という情報を得ることができます。

偵察で獲得できる情報の種類は研究を進めると増えていきます。
研究については『研究』の項目をご覧ください。


■ 潜伏と偵察

目標の土地に『偵察兵』の部隊を派遣すると、部隊が潜伏状態となります。
潜伏中の偵察兵を消費することで『偵察』を実行できます。

偵察は消費される偵察兵の数で成功率が変動します。
確率は情報ごとに抽選されて、偵察に成功した情報は報告書から閲覧ができます。
偵察に失敗すると情報は獲得できません。


■ 偵察防衛

相手に偵察されたくない領地は、自分か自同盟員の偵察兵を派遣することで妨害をすることができます。
これを『偵察防衛』と呼びます。

偵察防衛は、相手の偵察兵数と味方の偵察兵数が相殺されるものです。
自分の領地に相手が1000の偵察兵を潜伏させている状態で、味方が700の偵察兵を派兵した場合、1000から700を引いた300で相手は偵察を実行することになります。
偵察防衛側が相手の偵察兵数を上回っている場合は、相手が偵察に失敗します。
複数の部隊が偵察防衛として派兵された場合、部隊が到着した順番に処理が行われます。