出撃と帰還



■ 出撃

目的の土地に部隊を派兵し、攻撃させることを『出撃』と呼びます。

●出撃の条件
土地に部隊を出撃させるためには、以下の条件を満たしている必要があります。
・出撃先の土地が自分の領地、または自同盟員の領地と隣接していること
・出撃先の土地が自分の領地、または自同盟員の領地ではないこと
・出撃先の土地が保護期間ではないこと
・武将と兵士による部隊を編成していること
・部隊に編成されている武将の士気が50以上あること
・それぞれの武将に1以上の兵士を装備していること
・自分、あるいは自分の同盟が敗北期間ではないこと
・他領主の所有土地に出撃する場合、夜間停戦期間ではないこと

●出撃を示す矢印
部隊を出撃させると、目的地までの出撃を示す矢印が表示されます。
出撃の際に表示される矢印の色分けは以下のルールに則っています。
・青:自分の出撃
・緑:自同盟員による出撃
・赤:上記以外の領主による、自分の領地もしくは自同盟領地に対しての出撃

●目的地での戦闘
部隊が目的地に到着すると矢印が消え、配置されている部隊と戦闘をします。
戦闘については『戦闘』の項目をご覧ください。

●移動時間
部隊が拠点から目的地に出撃するとき、到着までの移動時間が発生します。
移動時間は、拠点から目的地までの距離と、部隊に編成している武将の移動速度により変化します。
目的地に到着するまでの時間は出撃情報で確認することができます。

●出撃の中断
目的地到着までの残り時間が一定を下回っていなければ、部隊の出撃を中断することができます。
ただし出撃を中断した部隊が拠点に戻るまで、後述の『通常時の帰還』と同様の移動時間が発生します。


■ 帰還

出撃させた部隊が目的地で戦闘を終えたあと、拠点に戻ってくることを『帰還』と呼びます。

●通常時の帰還
戦闘後の部隊は勝敗に関わらず拠点に帰還します。
帰還も出撃と同様に目的地から拠点まで移動時間が発生します。

●全滅時の帰還
戦闘で部隊に編成していた武将が全滅してしまうと、部隊は拠点へ即座に帰還させられます。
このとき移動時間は発生しません。
全滅以外は通常の帰還となります。

●即帰還
戦闘後の部隊が全滅せずに通常の帰還をしているとき、大判を消費することで即座に拠点へ帰還させることができます。
また、VIP期間中は無料で即帰還をさせることができます。


■ 援軍

自分か自同盟員の領地に部隊を待機させて、その領地を攻撃してきた相手の部隊と戦闘をさせることができます。
この待機部隊を『援軍』と呼びます。

自分か自同盟員の領地に部隊を援軍として配置できます。
領地に到着すると、部隊は帰還させるまでその領地に待機します。
援軍待機中の領地に部隊が攻めてきた場合、部隊が到着した順番に戦闘が行われます。

領地ひとつに配置できる援軍部隊の上限は100部隊までとなります。
戦闘で援軍の部隊が全滅した場合は、即座に拠点へ帰還します。