戦闘

戦国大河の戦闘は、すべて自動で進行します。
地図の戦闘は、出撃した部隊が土地に到着した瞬間に戦闘を行い、結果が報告書として発行されます。
部隊を出撃させた方が攻撃側となります。

物語では、戦闘パートで部隊編成をしたあと攻撃すると開始になります。
このときは領主が必ず攻撃側となります。

部隊については『部隊の編成』の項目をご覧ください。
報告書については『報告書』の項目をご覧ください。
物語については『物語とは』の項目をご覧ください。


■ 戦闘の進行

開始から終了まで、ひとつの戦闘はターンの繰り返しにより進行します。
1ターンは『能力変動フェイズ』と『攻撃フェイズ』の二段階に分かれています。
先に能力変動フェイズを処理して、次に攻撃フェイズが処理されます。
どちらかの部隊の備が全滅するか、10ターン経過するまでは、上記のターン進行を繰り返します。

●能力変動フェイズ
武将の武技が発動できるターンは、能力変動フェイズになると武技が自動で発動します。
発動する武技は、攻撃力上昇や防御力低下など、能力が変動する系統のみです。
武技により発動の順序が異なります。

●攻撃フェイズ
部隊同士の攻撃を行うフェイズです。
攻撃フェイズでは、能力「敏捷性」の値が高い備ほど先に攻撃します。
攻撃系統の武技を持っている武将は、生存中、毎ターン武技で攻撃を行います。


■ 戦闘の勝敗

各ターンの終了時にどちらかの部隊が全滅している場合、生き残っている方の勝利となります。
各ターンの終了時に双方の部隊が全滅している場合、引き分けになります。
10ターン終了時に双方の部隊が生存している場合、引き分けになります。
なお、決闘の戦闘では10ターン終了時に双方の部隊が生存している場合、残存兵数が多い方が勝利となります。兵数が同じ場合は、攻撃側が勝利となります。

また、戦闘で攻撃側の兵士損耗率が一定以下の場合は『圧勝』となります。
このとき防御側は『大敗』となり、報告書の詳細が確認できなくなります。
物語の戦闘は、圧勝と大敗が発生しません。

カテゴリ内の他の項目

報告書